防犯対策の方法

防犯対策を何かしていますか?という質問をしたとき、「はい」と答えた人には特徴があります。
ほとんどの方は家族がいたり、結婚して家庭を持っているようです。反面、「いいえ」と答える人の多くは1人暮らしである場合が高いことがわかりました。

近年では、防犯に対しての注意がされるようになったので、防犯について知る人は増えてはきました。しかし、それは都会でのことで、 田舎へ行けばまだ自宅の玄関した鍵を掛けない、夜寝るときにしか家の鍵を掛けないなど、防犯が必要なかった時代の名残や意識が残っているといえます。

そのためか、いざ防犯対策、セキュリティの強化を考えたときに何から手をつけたらいいのか悩んでしまう人は多くいます。

そこで、簡単な防犯対策として危機意識を高めることから始める必要があります。
これから紹介する2つのことで、危機意識に対しての対策が出来るようになるはずです。

■家の外の整理整頓
家の周り、または自宅マンションの扉の前にゴミや物を置きっぱなしにしていませんか? こういった家の周りに雑多に物が置かれているところは空き巣に狙われ易く、また放火をされてしまう危険があるのです。

■警戒意識を持つ
例えば、家の鍵を掛けたことを確認するために2度ほど扉の確認をするなどで、 危機意識を自分に植え付けることが出来ます。さらに周囲にその態度を見せることが出来れば、「犯罪に対して警戒している人」として意識されることで防犯の対策にもなります。

以上の2つのポイントを簡単に行うことが出来る防犯対策として、これから試してみてはどうでしょうか。